げーむろぐ

クリアしたゲームの備忘録。RPG/アクション/ADV/ノベルがほとんど。

ゲームレビュー

「夏ノ終熄(ナツノオワリ)」― 終末モノ+サバイバルとしては見どころアリ

夏が舞台のゲームを探していてお誂え向きな作品を見つけたのでやってみました。 タイトル画面あらすじにもある通り、 パンデミックによる終末モノ、の一歩手前の様な状態の世界が舞台です。 ロープライス*1なのでかなり短く休みの日1日やれば終わるくらいの…

「EVE ghost enemies」― 話を大きく広げながら過去作へのリスペクトが随所に感じられるEVEシリーズ最新作

クリア自体に要したのは4日足らずとかなりのめり込んでしまったんですが、 その後諸々あって記事に起こすのがかなり遅くなってしまいました。 本作ラストの問いかけに対する自分なりの答えが出せていないことも一因ですが… この気合いの入りようEVEシリーズ…

3DS世界樹ファイナルセール中

3DSの世界樹作品がファイナルセール中なので紹介記事を書いてみます。 www.atlus.co.jp 文字通り最後のDL版のセールで、3DS/Wii Uのeショップ自体の終了は来年3月下旬ですが、 残高の追加が8/30までであり実質的にはそこで終了の様です。 すでにセール終了済…

「MOTHER」― 雰囲気を楽しめるなら随所に拘りが感じられる良作

どこかでやりたいけど環境がGBAのMOTHER1+2くらいしかないし結構高いんだよなと 思っていたらSwitchで配信されて今年中くらいに考えていたんですが、 ちょうどいい期間ができたのと某所でPollyannaのMADが流行っていたので。 タイトル画面

「AMBITIOUS MISSION」― 時間の概念を巧みに取り入れたシナリオは見事だが、泣きゲーとしては今一つ

個人的昨年No.1ノベルゲームだった金色ラブリッチェと制作繋がりでプレイ。 cross-claymore.hatenablog.com金色ラブリッチェとの比較を書いている部分が多いです。 (知らんがなって人はすみません) あっちのネタバレはしていないのでその点はご安心を。 タイ…

「ラジカル・ドリーマーズ -盗めない宝石-」― クロノクロスファンならアリ

サテラビューで配信されて以来一度も移植されず、 半ば伝説と化していたゲームが実に26年の時を経てプレイ可能となりました。 クロノクロスの設定を追いかけていく内に本作に辿り着き、 ハードが非常に特殊なためプレイできず移植を望む人も多かったと思いま…

「イースIX -Monstrum NOX-」― 雰囲気は重めだが異能を駆使した探索がとにかく楽しい

イースⅧが良作だったのでイースシリーズも一通りやってみようと思ったものの、 Ⅰ・Ⅱのシステムが古すぎてちょっと…となり序盤でやめてしまっていましたが、 ⅨはⅣ(セルセタ)、Ⅷとシステムがほぼ同じというのと、 ⅧとⅨ比較すると遊んでて面白いのはⅨ、という声…

「ドキドキ文芸部プラス!」― 怪作の皮をかぶった意欲作

最初は熱心に推してる人が言葉遊びが云々言っていたくらいでしたが、 じわじわタイトルを目にすることが増えてどうもホラー方面で強烈なゲームらしい、 というのとビジュアルノベルゲーマー向きということの様でやってみました。 ポップでキュートなタイトル…

「ELDEN RING」― 色んな意味でじっくり作品を咀嚼する人向けのスルメゲー(多分)

ちょうどPS5入手できたしということでエルデンリングに手を出してみたんですが、 正直自分には合わなかった部分が多く書こうか迷いました。 デモンズソウル、ダークソウル1~3未プレイです。 タイトル画面せっかちな人とか積みゲーの合間にみたいな人にはあ…

「COGEN: 大鳥こはくと刻の剣」― 即座にリトライできるがそれに見合う難易度を持つ死にゲー

店頭で見かけたキービジュアルに惹かれて衝動買い(予約)しました。 最近は古めの作品やシリーズ物、リメイク辺りを漁ってることが多いので、 この手のきっかけで手に取るのはかなり久しぶりな気がします。 トレーダー秋葉原2号店にて「刻を戻し」と言ってい…

「しろくまベルスターズ」― 良くも悪くものほほんとしたサンタのお話

本当は冬ゲーとして「天使のいない12月」をやりたかったんですが、 探しても売ってないのでPULLTOP15thから引っ張り出してきました。 ロゴへのこだわりが感じられるタイトル画面始めたのが12/24なので丁度クリスマスだし、という感じだったんですが、 他のゲ…

「うみねこのなく頃に」― 虚実入り混じる推理困難なADV

移植・リマスターの類は記事にしてなかったんですが、 初回プレイ時あまりに何もわかってなかったので書いてみます。 前作「ひぐらしのなく頃に」がホラー要素とキャラクター性で人気を博したのに対し、 こちらはミステリー然とした雰囲気で、実際にゲーム内…

「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド」― リメイクと捉えると肩透かしを食うかもしれない

過去にポケモンで最もやり込んだのがダイヤモンドで、 年齢的には金銀世代なんですが個人的には1番思い入れがあるので 対戦も図鑑ももう興味ないけど記念にと購入しました。 (以下、ダイヤモンド・パールが長いのでDPと略します) オリジナルを模したタイトル…

「ランスⅩ -決戦-」- シリーズの締め括りに相応しい傑作

ランスシリーズに最初に触れたのが10年ほど前の戦国ランスで、 それからかなり時間をおいて2020年3月にⅥ(ゼス崩壊)をきっかけに シリーズを追いかけていき1年半の間に6、03、01、02、5D、8、9と 追いかけていってようやく辿りつきました。 タイトル画面Ⅵをア…

「金色ラブリッチェ」― すべてが繋がる恐ろしく緻密なシナリオ

タイトル画面「星空鉄道とシロの旅」に続き、同じ人のライター買いです。 ぱっと見はありがちなギャルゲーに見えるので本当に面白いんか?と 思いつつ購入しましたが完全に杞憂であったと先に記しておきます。 とりあえず、他ゲーや別のメディアでさかき傘氏…

「planetarian(+雪圏球)」― 人の心を動かすロボットの物語

タイトル画面ライターが涼元悠一氏*1、作曲が戸越まごめ氏*2とだけ知っていたので いつかやるリストには入れてはいたんですが、 Ultimate Editionが新たに発売されるとのことでやる機会に恵まれました。 概要 シナリオ キネティックノベルとは 雪圏球につい…

「夏の終わりのニルヴァーナ」― タイトルのとおり仏教色の強い泣きゲー

タイトル画面まともに1本のゲームの記事を書くのが久しぶりな気がします。 特徴的なタイトルで存在自体はかなり前から知っていていました。 積みゲー減ってきたしそろそろかな、と思って確保したところで ブランドがぱじゃまソフトであることを知ってどうし…

「スーパーマリオサンシャイン」― ポンプアクションが増えたものの、シビアさや操作しにくさは64からあまり変わらず

タイトル画面 概要 バカンスで訪れた南の島が舞台 色々できそうでできないポンプアクション シャインの獲得方法 評価 総合評価 その他プレイ中に思ったこと すいじょうのあかコイン むらのうらのヒミツ おわりに 概要 タイトル スーパーマリオサンシャイン …

「バタフライシーカー(+FD)」― 学生捜査員の危うい心理バランスを描くADV

本編タイトル画面FDタイトル画面バタフライエフェクト的な話なら面白そうやなとか、 この醜くも美しい世界とかうみねこのなく頃にの影響で蝶のモチーフ好きなんだよな、 とか思いつつ発売当時はいろいろあってスルーしたような気がします。 概要 少年少女に…

「ランス9 ヘルマン革命」― シンプルかつ王道なSRPG、だがシンプル過ぎる。

タイトル画面いよいよ9作目まで辿り着きました。 03のトーマ、Ⅵのパットンを見てきて、 ヘルマンが舞台となる本作への期待は高まる一方だが果たして…? 概要 どんな作品? シリーズ内での位置付け 祖国を追われた皇子が革命軍を率いて国を取り戻す 非常にシ…

「ランス・クエスト」― お祭り&キャラ育成ゲー

クルック―が法王になるところまではやろうと思ってたんですが、 ヘルマン革命始めてしまったので書きます。 マグナムでの追加分にまったく触れてないので、 あくまでランスクエストの記事扱いとします。 タイトル画面 概要 シナリオ システム 評価 総合評価 …

「モンスターハンターライズ」― より遊びやすくなったモンハン最新作

発売日に買う新作ゲームはかなり久しぶりな気がします。 シリーズ既プレイ者向けの記事になります。www.capcom.co.jp モンハン歴 概要 雰囲気 システム 評価 総合評価 フィールド移動 アクション面 操作の複雑さ 難易度 その他気になる点 モンハン歴 難易度…

プリズム・アーク 途中終了

原罪のレクイエムだけ知ってて積んでたのを崩そうとしましたが挫折しました。 以前にプリンセスうぃっちぃずも開始2時間くらいで投げてるので このブランドとは合わないようです。 概要 コメント 概要 タイトル プリズム・アーク 開発元 ぱじゃまソフト ジャ…

「終ノ空 remake」 ― 素晴らしき日々お試し版、と見せかけて…

ランスクエストをメインストーリー終わるとこまではやったんですが どこまでやってクリア扱いにするのか微妙なところで一旦寝かせてる状態なので 先にこっちを書きます。 タイトル画面 概要 シナリオ システム 評価 総合評価 素晴らしき日々との比較 作品全…

「11eyes-罪と罰と贖いの少女」 - 中二病を地でいくバトル系ノベル

音楽が良いゲームと聴いたので積んである中から優先的にやってみました。 後から知ったんですが、3daysと開発同じで一部設定を共有しているみたいですね。 タイトル画面 概要 シナリオ システム 評価 総合評価 虚無の欠片関連の設定・伏線 赤い夜(日常と非日…

「素晴らしき日々~不連続存在~」― 自己の在り方を問う哲学系ノベルゲーム

タイトル画面名作と謳われながらも人を選ぶとか取っつきにくいとか言われていて、 哲学/思想的な問いかけが非常に強いということだけ知っていたので アクション挟んで満を持しての素晴らしき日々をプレイしました。今回はセールとかではなく10周年記念のリマ…

「SEKIRO」―剣戟激しい高難易度アクションアドベンチャー

しばらく読み物続きだったので高難易度アクションゲームに手を付けました。 タイトル画面Bloodborneがかなり面白かったので同開発繋がりです。 概要 評価 総合評価 戦闘システム 連戦のリトライ おまけ 概要 タイトル SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 開発元 フロ…

「星空鉄道とシロの旅」―人情温かい不思議なSLの旅

次は素晴らしき日々の予定だったんですが、 ノーマークだった作品に興味が湧いたので割り込みで星シロです。 タイトル画面三が日終わる辺りからチラホラタイトルを見かけ始めて、 そこでわかった情報は「感動する」と「あんまり長くない」だけだったんですが…

「アンリアルライフ」―幻想的な世界を旅するアドベンチャー

新年一作目は半年遅れでアンリアルライフです。 タイトル画面5月に配信開始した時に目を付けたまま埋もれたんですが、 年末セールで思い出して軽いの挟むかという感じで。 確か十三機兵の後でADV疲れしていて見送った気がします。 概要 評価 総合評価 シナリ…

「きっと、澄みわたる朝色よりも、」―紅葉の季節にやりたい和風ノベル

秋に間に合わなかったけどやってました。 タイトル画面オススメされたり名作として挙げている人が多かったのと、 まぁまだ秋やろと思って順番早めて始めたらすっかり冬になっていました。 概要 評価 総合評価 演出面 シナリオ 学園モノ特有のノリ キャラクタ…